川越市 注文住宅なら松美建設| ZEHへの取り組み

川越市 注文住宅|松美建設

HOME > ZEHへの取り組み

松美建設が提案するゼロエネルギーハウスは、良い住まいを適正価格でより多くのお客様に
ZEHをお届けしたい私たちの想いが詰まっています。
生活の中心にある住まいに4つの暮らしを届けます。

ZEH(ゼロエネルギーハウス)とは、「断熱+省エネ+創エネ」を 組み合わせることで、年間の「一次エネルギー消費量」の収支がネット(正味)でゼロになる住まいのことです。 政府は2030年を目標に、低炭素社会に向けて、新築住宅の平均でZEH化を目指しています。

暮らしで使うエネルギーを、住宅の高断熱化と 省エネにより減らしさらに使うエネルギーを 創エネでまかない全体のエネルギー収支を 正味ゼロ以下にするのがZEHです。

はどこから逃げる?
一般住宅において、熱の出入りが最も多いのは、 屋根や外壁よりも、窓やドアなどの開口部です。 冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは約半分。暖房の熱を逃がさず、少ないエネルギーで効率よく部屋全体を暖めるためには、開口部の断熱性を高めることが重要です。

家の中で温度差
少ない家が、心地よく住みやすい家の基本

断熱性の高い住宅は外気温の影響を受けにくい ため、一年中快適な室内温度を実現。部屋の上 下の温度差、部屋間の温度差が小さく、ヒート ショックの心配も少なくなります。

パッシブデザイン

家づくりにおける「パッシブ」とは、機械設備に頼りすぎず、自然を活用する事
太陽光や風などの自然エネルギーを最大限に活かしながら、省エネ・快適な暮らしを手にしようという設計手法を「パッシブデザイン」と言います。

季節による太陽高度
太陽の光と熱を暮らしに生かすために、基本的な日差しの特性を知ること。季節や時間による太陽の高度や方位、日射量を考慮し、採光計画を立てることが快適な暮らしのポイントです。

夏の熱を遮る工夫で快適に
夏は、7割以上の熱が窓やドアの開口部から出入りするため、光や熱を遮る工夫も重要に。南面の窓にはひさし、西面にはルーバーを取り付けることでの日射遮蔽対策が有効です。また、遮熱タイプの内窓、外付けスクリーンやすだれを併用するとさらに効果が高まります。

自然に地形を考えた通風計画
自然の風を誘うには、風や空気の特性を上手に利用することが必要です。温度の違いによって空気の流れ をつくる「温度差換気」は、暖かい空気が上に行く特性を利用する方法です。排気側の開口部が風上を向 かないよう注意しましょう。

風の向きに合わせて窓を設けても、周辺の建物の影響で思うように風が通らない場合があります。縦すべり出し窓を使う工夫で、家の脇を通り抜ける風を捕まえることができます。

水場や植栽などを生かすことも効果的。敷地の緑化は照り返しを防ぎ、葉の蒸散作用で空気の温度を下げま す。また、池や水盆にも水の気化熱で風を冷やす効果があります。

家庭で使う水とエネルギー
節水意識の高まり等により一般家庭の水道利用量は 4.6%ダウン。中でもトイレは約25%もダウン。節水型トイレが大きく貢献しています。

浴室やキッチンでは水の使用量のみならず、給湯エネルギーも発生するため、家庭内エネルギーの約4割も占めています。

新しい節湯基準に対する水栓器具

浴室・キッチン・洗面の水栓金具に節湯水栓を使用することで、給湯における一次エネルギー消費量を削減することができます。

レバーハンドルの位置が使いやすい正面の時に 水だけを吐水することで、無意識でのお湯の使用を 防止します

シャワーヘッドや浴室水栓に設けたスイッチにより、 吐水止水を行います。

延べ床面積 99.36㎡(30.04坪)
ZEH基準(6地域)0.6W/㎡・K以下

外皮仕様
アルミサッシ:LIXIL SAMOS L
断熱材:硬質ウレタンフォーム(外壁100㎜・屋根下160㎜)

松美建設では、新築物件におけるゼロエネルギーハウス(ZEH)が占める割合を
2025年までに60%以上とする普及目標を以下の通り設定し、ここに実績を報告致します。

ZEH普及目標と実績

2018年度 2019年度 2020年度 2025年度
普及目標 15% 30% 50% 60%
実績 3% 13% 0%

今後もZEHの普及に向けて取り組んでまいります。

株式会社松美建設は自社で設計、建築する新築住宅のBELS証取得100%を目標に掲げ「BELS工務店」として取り組むことを宣言します。

BELSとは

BELSとは、Building-Housing Energy-efficiency Labeling Systemの略称で「ベルス」と読みます。

建築物の省エネルギー性能を表示する第三者認証制度です。

2016年4月より、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)において、住宅事業建築主その他の建築物の販売または賃貸を行う事業者は、その建築物についてエネルギー消費性能の表示をするよう努めなければならないことが位置づけられました。

BELS工務店とは(国土交通省 平成29年度 地域型グリーン化事業 グループ募集要領より)

  • 1)自社建設の住宅について、BELS表示を取得した経験があること
  • 2)2020年までに、自社で建設する全住宅にBELSを表示することを目標に掲げること
  • 3)毎年度、自社で建設する全住宅のうちBELS表示を行った物件の割合報告すること(少なくとも2020年まで)
  • 4)国土交通省等が行うBELS普及の取り組みに協力をすること

BELSでは同じ計算法に則って一次エネルギー消費量を算定しています。消費者にとっては省エネ性能の「モノサシ」となり、建物の「燃費」を横ならびで比較できるメリットがあります。
また、国のお墨付きが与えられる省エネ性能表示制度になりますので、建物の省エネ性能・資産価値を示すひとつの指標になります。